風水のタブー!ガーデニングしてはいけない方角

こんにちは、ナイコです。

今日も前回に引き続き、2014年を無事に過ごすために注意が必要な、凶方位のお話です。

とくに、家庭菜園やガーデニングが趣味という人や、家の改装を考えている人は要注意!

知らずに悪気なく、とってしまった行動が、大きな災いを呼び込むことにならないよう、注意するポイントをお伝えします。

 


 風水では、その年の「太歳」(たいさい)の巡る方位の土を掘ったり、木を切ったり、造園を行うと、それをした本人や家族だけでなく、子孫の代まで厄災に見舞われる、といわれています。

そんな災いをもたらす「太歳神」ですが、もともと凶神ではありません。

太歳神は土の中を進行する「木星の精」で、私たちが木を大切にして、土を掘り起こしたり木を粗末にしなければ、地中に大人しく鎮座している、怖れる必要のない神様です。

ですので、その年の太歳が鎮座する方位はそっとしておいて、スムーズに通り過ぎてもらうことが大切なのです。

今年2014年は、太歳神は午の方位、南に巡ります。

太歳神が地中に鎮座している南方位の増改築や、造園、木を切ったり抜いたりすることは、極力控えて下さい。

ただし、家全体の改築、新築などを行う場合は、通常通り地鎮祭をすれば大丈夫です。

南の方位だけを改築しようというときは、太歳神が通り過ぎるまで、一年待った方が無難です。

日当たりの良い方位ですが、ガーデニングなどで土を掘り起こすことも控えましょう。

太歳神は地中にいる神様なので、マンションのベランダ菜園など、直接地面にさわらなければ大丈夫です。

 


ちなみに、今は冬の土用(1月17日~2月3日)の真っ最中です。

冬から春へ、季節が移り変わるつなぎ目である土用の間は、方位に関わらず、土を動かすのは良くないとされています。

2月4日の立春までは、庭いじりはガマンして、暖かく家の中で過ごしてくださいね。

●【重要】家の簡単お掃除で今すぐ運気を上げる方法

開運グッズ通販 占子の部屋

 


This entry was posted in 風水 商売繁盛 and tagged , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , . Bookmark the permalink.