2015年の開運風水インテリア、西に黄色はNGです!

2014年11月24日

こんにちは、運気の流れを操り、運命を変える大阪の風水・タロット占い師、占子(ナイコ)です。

今日は、2015年の開運風水インテリアについてお話しします。

風水で開運インテリアに調整する場合は、家の間取りや玄関の向き、住人との相性など、様々な要素を考慮して整えます。

そのため、どの家でも同じように「金運アップのために西に黄色を置きましょう!」というふうには言えません。

そこで、今日ご紹介する方法は、どんな家にも当てはまる「流年法」とよばれる年によって変わる運気に基づいた、開運インテリアのコツをお伝えします。

2015年は、三碧木星が中宮の年です。

若さや成長を表す「木」の性質が強く出ますので、インテリアにも変化を持たせることが開運のポイントです。

リーフ型や、グリーン、緑が開運モチーフになりますので、葉っぱのモチーフの小物を取り入れたり、カーテンを淡いグリーンに変えてみることもおススメです。

リーフ型風水サンキャッチャー

また、季節感のあるインテリアを心がけて、一年中いつも同じインテリアにならないように、小物で変化をもたせましょう。

家の中のマンネリ感は、家全体の運気を落とします。

カーテンを洗って、良い香りを漂わせたり、季節の花を飾ったりして、日々、小さな変化を楽しむようにしてください。

そうすれば、毎日少しずつ成長していく実感が得られるでしょう。

お子様がいるご家庭では、子供部屋の掃除とインテリアの改善に力を入れましょう。

自分の部屋で集中して勉強できないのは、部屋のインテリアが落ち着かないせいかもしれません。

2015年に良い習慣をつけることは、今後の発展に大きく関係しますので、とくに重点的に取り組みましょう。

最後に、2015年、家やオフィスのインテリアで、注意していただきたい点がいくつかあります。

2015年は、西方位が突発的な事故や病気をもたらすと言われている「五黄殺」に当たります。

風水で「五黄殺」は、凶方位として知られる「暗剣殺」以上に重要視される大凶方位になります。

突発的な事故や災いが起きやすい方位ですので、西に玄関やキッチン、ベランダなど、出入り口や危険がある場合は、とくに防犯や事故防止に努めてください。

そして、五黄殺に当たる方位に、赤や黄色を置くと、より凶の力を強めることになります。

そのため、2015年は「西に黄色」は厳禁です!

金運アップのつもりが、予想外のトラブルを招くことになりかねませんので、注意してくださいね。

もし、家の西側に赤や黄色い小物が置いてある場合は、2015年中(2016年の節分まで)は移動するか隠しましょう。

大きな家具など、移動できない物の場合は、布をかけてカバーをしたり、色が外から見えないようにすれば大丈夫です。

小さな工夫と、凶方位に対する対処で、災いを避け、家の中に良い運をもたらすことは可能です。

風水や運の動きを知っているだけで、余計な災いを避けることができますので、ぜひ、インテリアの参考にしてくださいね。

●簡単!お掃除風水で家の運気をアップするコツを無料公開!


ソーシャルメディア

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 更新通知を受け取る

  • PAGE TOP
    Copyright(c) 2013 風水 商売繁盛専門コンサル!店舗の売上10倍メソッド All Rights Reserved.