お月見で金運アップするコツ!十五夜と十三夜、十日夜の三月見

2013年10月17日

こんにちは、大阪の風水・タロット占い師、ナイコです。

最近月の話が続いていますが、今夜は見逃せない、「十三夜(じゅうさんや)」です!

お月見といえば中秋の名月、旧暦8月15日の「十五夜(じゅうごや)」が有名ですね。

十三夜は、十五夜の次に月が美しく見える日として、昔からとても大切にされてきました。

そして、十五夜にお月見をしたら、十三夜もお月見するのが習わしです。

 どちらか一方だけだと、「片月見」と言って、縁起が悪いとされているのです!

十三夜は、旧暦9月13日のことで、十五夜の約1か月後。

今年、2013年は10月17日です。

十五夜はサトイモを供えるので、「芋名月」と言われますが、十三夜は栗や枝豆を供えるので、「栗名月」や、「豆名月」と呼ばれています。

また、十三夜は時代や場所によって、様々な習わしがあるのが面白いところ。

たとえば昔は、十三夜だけは「木になっている実を勝手にとってもいい」(今はダメです!)とか、福岡の一部の地域では、女性がいばってもいい日とされたていたとか。

長野県では「小麦の名月」と言って、この日に晴れると豊作になると言われています。

十五夜が中国から伝えられた習慣であるのに対して、十三夜は日本独自で生まれた習慣なので、日本の風土に合わせて収穫を感謝したり、祭りと一体になっていることが多いようです。

日本では、お月見は美しい月を楽しむのと同時に、収穫に感謝して、豊作を祈願するもの。

今の時代に合わせて考えれば、豊かさに感謝して、さらなる実り、引き寄せ、金運アップを祈願する風習です。

十五夜と十三夜、両方の名月でお月見したら、11月10日の十日夜(とおかや、とおかんや)もお見逃しなく!

この「三月見」、三回ともお月見ができたら、とても縁起が良いとされています!

まずは今夜!

澄んだ秋の夜空に輝く、きれいな月を楽しみながら、豊かな未来を祈願しましょう♪

●満月パワーで美しく健康に!さらに金運アップする方法とは?


ソーシャルメディア

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 更新通知を受け取る

  • PAGE TOP
    Copyright(c) 2013 風水 商売繁盛専門コンサル!店舗の売上10倍メソッド All Rights Reserved.